スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
バロンの急変


5月最後の日曜日  みんなでマザー牧場へ行って  元気に遊んできました  と


ブログを書いた 二日後


5月28日 火曜日 朝   バロンはいつもの広場で  絶好調で遊びました






昼間  ごくごく普通に過ごして  夜ご飯もおいしそうに食べ 


いつもの 食後のガムも 元気に食べ  おっしっこを ジャージャーして


いつものように眠ったのです




夜中の三時  ふと目が覚めると  バロンだけが部屋にいません



どうしたのだろう  と 庭に探しにいくと  庭にいました



近づいてみると  ハァハァ苦しそうな息をして  よだれを垂らしています




『  熱中症 !?  』  と 思いましたが


バロンより暑がりの  大地が  部屋でスヤスヤ寝ています




庭の地面は冷たくて  風がスースー吹きわたっています





『  熱中症ではない   』  



そう思って  バロンを静かに部屋に誘いました






リビングに戻って 電気をつけてみると  バロンの口が真っ赤でした



『  熱がある  』  そう思って  口に私のくちびるをつけてみたら 熱い 。。。





体を調べてみたら  お腹が膿のようなもので  汚れていました



『  膀胱炎 ? 』  そう思いました





残尿感があって  庭から 離れられなかったのだろう ・・・


熱があって  庭が良かったのだろう ・・・




膀胱炎と思うと  納得がいきました




午前3時から  まんじりともしないで朝を迎え


ジリジリしながら  他の子達の いつもの散歩などをして


病院のあく時間めがけて  病院に駆けつけました





熱は  39.8度   おしっこの数値 血液検査も  ひどく悪かったです


レントゲンとエコーの検査を受け


抗生剤などの処置をしてもらい  家に帰りました





今まで  病気らしい病気をせずに来られたバロンが  ぐったりしています




それから  毎日 病院へ通いましたが  熱が一向に下がらず


40度を越える日も  二日続き


まったく 食べられない日が 3日半




その後も  熱が 39度台から下がらず


食べられず   水も  注射器で  口の脇から 流し込み やっと飲ませました





おしっこの数値も 血液の数値もよくならず  一番強い抗生剤を使い


病院の休みの日曜日にも 診ていただき


更に広い範囲を  エコーで調べたりした結果


膀胱炎以外に  どこかに炎症があるのかもしれない という結論になり


大学病院へ行くことになりました





ですが  大学病院の予約の電話をしていただいた日に  初めて熱が 38.5度に下がり



おやつのボーロですが  病気になって初めて バロンが食べてくれました





大学病院で  レントゲンとエコー  血液検査  尿検査  便の検査と


ホルモンの検査など ・・・


ありとあらゆる 詳しい検査を受けましたが


ガンなど  他の悪いところは見つからず


炎症を指し示す数値  そして熱は  とりあえず 膀胱から来ているものとして


このまま  膀胱炎の治療を続ける・・・  という結論になりました





そして  今  熱も 時々は 38度半ばまで あがることもありますが


元気が出て  ご飯も いつも通りの量を食べられるまで 回復しました




まだ  大学病院の再診は残っていますが  


日々  回復に向かっています





バロンがおかしくなってから  今日で ちょうど10日です



無我夢中の毎日でした





熱が下がりだして  バロンが少しづづ食べてくれるようになって


ほっとして  


今度は  私の意識がもうろうとしてきました




寝ようという自覚がないのに  気がつくと  寝ていたり  


何も考えられない まっ白な状態が続きました 。。。







この10日間で 思ったことは




バロンが  いかに 大切な存在か  ということ


それなのに  きっと 寂しい思いをさせていたのだろう  という強い反省





お空の ちょこに  『  助けて  助けて 』  と 頼み続けていました






これを教訓にしよう ! と 強く思います






もっと目を配り  心を配り   触ってなでて ・・・



いかに大切に思っているかを  いつも  みんなにささやいていこう 。。。







私は  みんなのお母さんだから  絶対にみんなの前では  悲しむ姿は見せたくありません


私が 弱かったら  犬達は  だれを頼りにすればいいのでしょう


だから  私は  どんな時だって  笑顔で 毅然としていよう 。。。


絶対に  何があっても 大丈夫なのよ !  と  犬達に発信し続けよう 。。。





そう決めている 私ですが







40度を越える熱が下がらないバロンを 目の前にして






「  絶対に  死んだらやだからね !


    お母さんのそばから いなくなったら  嫌だからね !


      絶対に  絶対に  ここにいてね !    」



と  バロンの顔に 私の顔を押し付けて 伝えていたら  涙が止まりませんでした






その次に日に   はじめて  バロンの熱が下がりました





よくはわからない   よくはわからないけれど




バロンは  私の呼びかけを わかってくれて  力を出してくれたのだろう 。。。







これからも  伝えたいことは  ちゃんと伝えていこう  どの子にも 


今までも 伝えていた積りだったけど  充分じゃなかったと思う  。。。


      








命は  天命  


だから  いつ 誰に何があるかわからない ・・・





だから  大事なのは



そう     『  今でしょ !  』





改めて  痛いほど思い知った  バロンの急変でした 。。。








今日の バロン ・・・




大きな3匹が 揃っている幸せ 

IMG_0004_20130607172652.jpg







笑顔のバロンが  みんなの中に立っている幸せ

IMG_0067_20130607172657.jpg

何もかもに  感謝の気持ちでいっぱいで





バロンのことは勿論のこと   みんなのことを  


一日中  誰かれなく  抱きしめ続けています  ^^
     
スポンサーサイト
[2013/06/07 17:40] みんな | トラックバック(0) | コメント(14) | @
| ホーム | 次のページ>>

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。