スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | @
嘘のような本当のお話^^


今日は  みなさんに  笑ってもらえる話をしますね  ^^






11月の21日に   前から一度行ってみたかった



『  那須どうぶつ王国  』の  ドッグランへ  行くことにしました 




高速道路も順調で  ルンルン・・・



”  なんだぁ  こんな近かったなら  もっと 早く来ればよかったね  ”  と



お父さんと話しながら  約二時間半で  王国のそばまで来ました






ところが  もうすぐ王国・・・という所まで来たら




前にも  後ろにも  車が ・・・







『  ???  』  と  思っていたら



いつの間にか  すごい車の列になり 



なんと  そのままの状態で  王国の駐車場に  私達も  吸い込まれていきました







『  え~  なになに  これ~  』  と  思ったら



なんと この時期



関東各県の県民の  無料デー  というのが 開催されていて



この日は  栃木や群馬や埼玉の方々の無料デーのようでした






車を降りた 人人人・・・ の波が   すーーーっと  ” 無料入り口 ” に向うなか






我が家だけが  さみし~ぃ 『 入場券売り場 』 へ ・・・






当然入場料は払うつもりで来ていて  全然損はしていないんだけど



なんだか  さみしい。。。







でも  一歩  王国へ入れば  人も犬も  ルンルンです  ^^






我が家の目的は  もちろん  『  ドッグラン  』



喜び勇んで  出発です !!!






ところが   いざ  ドッグラン  と 思っても  これが  思ったより遠いんですね





係りのお姉さんに聞いたら



「  犬も乗れる  専用バスが  出ていますから  それに乗ってください  」  とのこと







『  へぇー  すごいね  』   と  思いながら  バス停に並びました







”  え~  ちょっと  ちょっと  待ってぇー  ” ( 心の中の悲鳴 )



だって  バス乗り場に来たのは  15人ほどしか乗れない  小さなバスで




しかも  乗り口は  二段の階段  全く改善されていない  普通のバスでした








”  ルーク  乗るかな~ ?  ”



思わず  お父さんと顔を見合わせました







我が家の前に並んでいた  二組のお客さんは  小さいワンちゃんを抱っこして  余裕で乗車



我が家のために  後ろにつめてくれました






覚悟を決め  みかんを抱いた私が乗り込み  ルークを呼びました



一度は乗ろうと  前足をかけた  ルークでしたが






狭い バスの雰囲気と  二段・・・ という階段で



やっぱり  足が止まってしまいました







もう少し  大きなバスならな~  (  乗るな~  )



一段ならな~   (  飛び乗るな~  )






思った通り   ルークは  乗ろうとしませんでした







他の乗客の方々に  迷惑をかけるわけにいきません



即  あきらめ   歩いていくことにしました





”  まぁ  それも 楽しいか  ”  と  思えました






運転手さんに聞くと  バスの道を  20~30分歩くと着くいうので




”  散歩に  ちょうどいいか  ”  と思い  出発です !








ところがです




道が  狭い・・・




バスがやっとすれ違える道幅なのですが





その  バスが  また  次から次に  よく  通ること~






しかも  こちらの丘から  ずーっと向こうの丘陵まで  アップダウンの道がクネクネと 続いています






もっと  簡単な道に出来なかったのでしょうか 。。。 ( とほほ )








バスが来る度に  道の端によけて  立ち止まらなければなりません





私達夫婦と犬達は  < 完全に >




『  サファリバス  』  から  眺められる  野生動物のような立場になりました 







色んな犬を  いっぱい連れていますし



ルークも  バロンも   珍しいでしょうから





はいはい ・・・   皆さんが  指差して  だいたい何を言ってくださっているのか   




わかっちゃうな~   





せっかく  我が家の犬を見て  喜んでいただいているのですから




はい!  私も   笑顔で  会釈しちゃいますよ~  (  笑  )









そんなこんなで  頑張って歩いてはいるものの ・・・







長い道には   陰が  一つもなくて  暖かいを通り越して  暑いです  ( エ~ン )






道の端には  栗のイガが  たくさん落ちていて  危ないです  (  ビェ~ン )







ちょっとした  ハイキングどころではありませんでした





度々  道の端に寄って  バスが過ぎるのを待ったりしたので




30分ほどかかり    ようやく   ドッグランに  到着しました




【  おぉ~  疲れた  】








でもね   みんな楽しみに来たのですから




頑張って  遊びますよ~~~ ^^









いや~  たくさんの  ワンちゃん達が  来ていました




みんな  フレンドリーで  いい子達ばかりです








でも  バロンが走れる場所が  なかなか無くて



ふっと  出来た  広めの場所に  ボールを投げますが



他のワンちゃんも  集まってしまいます








喧嘩になったりしないよう  気をつけながら




セディのボールを引っ張って   バロンにボールを投げていたら




『  あれっ?  みかんは ???  』








さっきまで  足元にいた  みかんが  いません








遠くで  ルークと歩いていた  お父さんに  『  みかんがいない  』  と叫んで




両方で  探し始めました








他の子に  追いかけられて  パニクっているんじゃないか




私達を見失って  隅っこで震えているのではないか  と  思って  胸がドキドキしています







広いドッグランの  ほとんどを  見て回ったのに  見つかりません





『  え?  なぜ  ???  』




手も  震えてきてしまいました







奥の方から  探して  もう  出入り口のところまで  来てしまいました






出入り口のそばには   四畳半ほどの広さの休憩スペースがあって  屋根の下に



木のテーブルと ベンチが  置いてあります






目の端で   ベンチのところが動きました




はっ  と  して  見ると







ベンチの上に置いてある  大きなトートバッグの口が  動いています






何 ?  と  思い   近づいてみると





それは   よそ様のバッグに  向こう側から 立ち上がって  頭をつっこんでいる  みかんでした










「  みかん  」  と  呼ぶと   そのままの姿勢で  キョトン  と  私を見ます







かける言葉もなく   抱き上げて   頬ずりしました




見つかって  良かったよ ~~~







どのようないきさつで  そうなったのかは わかりませんが




みかんが  怖い思いをしていなかったことが  ありがたかったです




(よその人の  バッグ  あさるか ??? )  と  釈然としないものは   残りましたが・・・







でも 無事で良かった 。。。








まだ  探し続けていた  お父さんのところへ  報告に行き






どっと疲れた   お父さんと私は   ドッグランを一旦出ることにしました








外に出て  犬達に水を飲ませていたら    『  もう  帰ろうか  』  という気分になりました








一時間も遊んでいませんでしたが  ここへ来るまでの散歩と




みかん事件で  どっと疲れた  お父さんと私 ・・・    家に帰ることにしました








でも   あの道を  また 歩かなくてはなりません






「  あ~   あの道を  また  帰るんだ ・・・  」






さらに   疲れが出てきます





遊んで  水も飲んだ犬達にも  しんどいでしょう 。。。




でも  仕方ないですね









私は  やっぱり  ルークが乗るとは  思えなかったので  歩くしかないと思いましたが




お父さんが  ダメ元でいいから  チャレンジだけはしてみよう  というので








バス停に並びました







早い時間だったので   帰るお客さんは コーギーを連れた一組だけ







”  まぁ  一度  トライしてみるのは いいか  ”  と  私も思いました








さぁ  いよいよ  バスが来て




その時間が  やって来ました







来る時  しっぱいしたバスと同じ運転士さんだったので  覚えていてくれて






「  乗りますか ? 頑張って  」  と  笑顔で見ていてくれました








ねぇ   みなさん    どうなると思いますか







まったく   予想もしなかったことが  起こったのですよ








やはり  私がみかんを抱いて  乗り込もうとしたその瞬間に






私を跳ね飛ばすくらいの勢いで  呼んでもいない  ルークとセディが







怒涛のごとく  先を争って   だんごになって  乗り込んできました






『 ・・・  』





嬉しいの半分でしたが   私・・・







空いた口がふさがりませんでした








みなさん






犬も   『  あれに乗らないと  歩くんだ  』   と  わかったみたいです





歩くの  『 嫌  』  だったみたいです








犬にも  そんなことが  わかるんですね 






私の中の 『 犬の理解する能力  』 のレベルが





間違いなく  数段  上がりましたよ








【   犬の知能・・・あなどるなかれ   】  






ですよ~ !   みなさん  ( 笑 )







長い文章で 疲れたので    <  自分で言うか!  > 




(  読んでくださった みなさんの方が  さぞかしお疲れになりましたよね  ^^  )








犬達の写真は  次から  いっぱい載せますね~~~ ( #^^#)





ちなみに   この日は  一枚の写真も  撮れていませーん   (  笑  )





では  また 。。。




にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ      にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ

見てくださってありがとうございます


我が家の犬達 よかったら ぜひ応援してください










スポンサーサイト
[2010/12/04 13:30] みんな | トラックバック(0) | コメント(22) | @
| ホーム |

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。